腸が悪い

私の父が腸が悪い人で、毎日キチンと排便があるかどうか、
そればかりを気にしていた人でした。


1度、痔の手術をしてからは、固い便は恐怖でしかなく、
下痢でも良いから柔らかい便の方が良いと、
便に水分を引き寄せて柔らかくする薬を、ずーっと飲んでいました。


そして、私も今、蓑田知幸の痔の治し方を毎日やって、何とかお通じがある状態です。


でも、この薬は調節がとても難しく、足りないとすぐに便秘に、
多いと下痢状態になってしまうんです。


しかし、私も父と同じく、「下痢でも良いから、出る方が良い」と、その薬の最大限の量を飲んでいます。


この薬は、「マグラックス」という、マグネシウムの薬です。


しかし、飲み過ぎると下痢どころか水便になってしまう、この薬。


そのせいで、父はよく下着を汚していました。


その時は、「そこまでして飲まなくても…」と思っていましたが、今は父の気持ちが分かります。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.