おせちの雑学

もう年の瀬が近くなるとデパートや百貨店なんかではおせちの予約やらでにぎわいますね。

このところ値段のはるおせちが人気でしたが今年はどうなるのでしょう?私は仕事柄年末年始も普通に仕事があるから、おせちを食べることも実家に帰ることもないので気にしていません。

おせちってあんまり好きじゃないいんですよ、食べるのがかまぼことだて巻に栗きんとんくらいだから3が日におせちを食べなきゃいけなかった子ども時代は辛かったです。

ちなみにおせちとは、江戸時代後期に江戸の庶民が季節の変わり目とされる「節」に、神様にお供え物をし宴を開く宮廷行事で用いられていら料理を生活に取り入れたことによって全国に広まったんです。

それまでってこの「節」のときはどんなものを食べたり過ごしていたり気にはなりますが、江戸時代にこの風習が広まらなければおせちがなかったと思うと感慨深いです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.