嫁姑を考える

うちの姑。

息子(=主人ですね)が可愛くて可愛くて仕方ない感じです。

「嫁に息子を取られた!」とならないように、頻繁に電話するようにしています。

家もそんなに遠くないので、なるべく顔を出しに行きます。

電話の内容も、「今日の主人はこんな感じでした」「今日は仕事が遅いようです」「今日は昼まで寝ています」といった報告がメインです。

なにより大事なのは、反発しないこと。

むむむと思うこともありますが、育てた親なんですから「私より主人の性格をよく知っている」と思って諦めてみましょう。

気が楽になります。

あなたが育てた子どもの妻として、どのようにしたらいいですかと聞くスタンスで行きましょう。

どんな食事が好みなのか?小さい頃はどんな風に過ごしていたのか?
しばらくすると任せてもらえます。

そうそう悪い姑さんなんていません。

姑を悪い人にするのは、嫁の態度です。

結構キツイ性格のうちの姑ですが、今では二人で買い物に行くほどの仲です。

【PR】お肌のお手入れ

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.