ということかけまして、

トレードが上手くいかずに次第に損失が拡大していくのを見るのは面倒なことですので、奮闘も必要です。

あまりにも値動きが激しい時には駆け出しの方は下手をして大きく損失を出すと怖いですから、ポジションを持たないのが良いです。

スプレッドやスワップポイントは、売買の支出ですから、為替手数料とトータルで一考したいところです。


過去のチャートを見直しし、特定の通貨が影響を受けやすい材料の特質をそこそこ意識できるようにしておくことはオススメです。

スワップをコツコツ貯めて地道に少しずつ稼ぐのか、傾向に乗って為替差益を狙って稼ぐのかによって、トレードスタンスも変わってきますね。


何といっても、結果として資金が増加していなければ勝率がどんなに高くても、そのトレード方法は意味がありません。


「押し目」とかけまして、上昇トレンドのときに一時的に小さく下がる局面のことです。

また、その局面で買うことを押し目買いといいます。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.