はっきり分かれていきます

多種多様にあるキャッシングの手続きの切り口から比較してみると、その審査基準も多種多様であることが言えます。


一言でキャッシングサービスと口々にいっても、金融機関系のものであったり大手の会社であったり、また個人のものなどあります。


これらを比べた時、当然ながら審査が甘い会社、その逆の厳しい会社と分かれてしまいます。


初め、合わせて借り入れる件数は、三社というのが判定の基準と言われています。


借り入れ会社が多くて三社以内で、キャッシング金額が年収の三分の一より少なければ、金融機関であっても審査基準をクリアする確率は高いといえます。


金融機関系は総じて利息が低めに設けてくれてますので、活用するならば銀行系がお勧めでしょう。


お金の借り入れ件数がもしも4件を超えている時は、銀行は難しくなります。


なのですが、2006年からできた制度の出資法や貸金業規制法などの法の改正により、利息が引き下げられ、銀行系ではキャッシングが通りづらい方向にあるようです。


銀行系でも、もっと審査に対して厳しくなっていると思います。


また、審査項目のゆるい会社と人気の業者でも、むやみに審査依頼するればよいことでもないはずです。


もし、先にその業者について情報を収集せずに申込みをして、審査項目をパスしなかった場合は、その個人情報は個人信用情報機関に記録されます。


信用情報機関に登録される期間は3ヶ月から6ヶ月ですので、その間、個人信用情報機関の個人記録汚れてしまうということになります。


汚れたからといってただちに借りられないことでもありませんが、その情報を参考にする業者の審査基準には、当たり前に、なんかしらの影響があるといっていいでしょう。


割と甘いといわれている審査基準をする会社でも、そのことにより融資を受けられなくなることもあるかもしれないのです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.