既存の印刷市場に、バリアブル市場はありますか? 答えは、「No」です。

明らかに、紙メディアの市場の萎縮とみなければならない。


2006年の現在、印刷業の倒産・廃業により
それまでの商圏が縮小ながらもどこかに流れる。


縮小市場での、体力勝負の時代だ。


儲からない、利益がないけど取らないと始まらない。


確実に、機械を持っていない、印刷業で利ざやで食ってきた
企業は、お手上げです。

どんどん廃業しています。


さて、既存の印刷市場に、バリアブル市場はありますか?
答えは、「No」です。


ありません。


対極の市場ですが、関係ない市場と見てください。


相手は、以下に早く大量にです。


バリアブルは、1点1点する内容が違うのです。


そして、いままでできなかった印刷物の作り方です

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.