これからは、運送屋は、野菜・魚・花を、帰りの空便にのせる。 これが、常識。

ところが、今では市場がしぼんでいます。


派遣という不安定な低賃金の市場が崩れ、数百万人の職なし
状態に陥る。


では、今できる不用品・不良サービスはなにか
新聞・TV・ネットで公開されている情報のなかから
土建業が、農業法人
パソナが、小豆島で農業法人
そして、流通業が、輸送の帰りの空便を埋めるために、
野菜を運搬して、八百屋業が+になる。


いままでの常識では、運送屋は、八百屋をやらない。


これからは、運送屋は、野菜・魚・花を、帰りの空便にのせる。


これが、常識。


宅急便も進化して、国内関東から関西までは次の日配送可です。


ヤマト・佐川ともにです。


このスピードが、命です。


アマゾンでの通販注文は、当日配送というものも出てきています。


ネット津版・TVショッピングなどの通販業も、巨大倉庫と
流通との提携で、ますますの配送スピードのアップを図っているのです。


■デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.