インターネットが遅いとき

インターネットが遅いときには、そもそもインターネットが混雑している場合があります。

インターネットは、結局回戦の接続がどれほどあるか、というのによって速度が変わるベストエフォート型のサービス体系ですから、一度にたくさんの人が接続を試みた場合には、どうしても速度が下がることが多いのです。

もちろん、ある程度高速の回線契約をしていれば必然的に早いインターネットになる、というのが原理的に考えられますが、それはむしろ、そういうサービスがあまり人気が無い地域ではそうなるというだけで、もし地域の人全員が同じサービスにのっかっていれば、当然速度は下がってしまいます。

プロバイダでも変わるというはなしは良く聞くので、回戦だけの都合では無いのかも知れませんけれどね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.